慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 募集コース一覧 > がん専門メディカルスタッフ養成コース - がんプロフェッショナル養成プラン(平成19年度~23年度) > がんのリハビリテーション学 (がん医療に携わるリハビリ療法士養成プログラム)

がんのリハビリテーション学 (がん医療に携わるリハビリ療法士養成プログラム)

【修士課程は追加募集となりました】

 

がんプロフェッショナル養成プラン(以下がんプロ)では、大学院博士課程に設置されたコースであり、修士課程には本コースの枠は設定しておりません。しかしながら、ご希望される方には、がんプロの教育課程に準じて教育を行う予定にしておりますので、出願前にあらかじめプログラムについて下記までご相談ください。

 

研究科等名

医学研究科 修士課程

専攻名

医科学

コース名

がんのリハビリテーション学
(がん医療に携わるリハビリ療法士養成プログラム)


募集人数

若干名

養成する専門分野

がんのリハビリテーション

修業年限

2年

授与する学位

修士(医科学)

受験資格

大学院医学研究科修士課程『入学試験要項』参照

応募締切等

大学院医学研究科修士課程『入学試験要項』参照

概要

選択必修科目は、他の修士学生とともに履修し、医学生物学全般の知識を身につける。さらに選択科目「がんのリハビリテーション学」においては、基礎・臨床腫瘍学、緩和医療学をはじめとした各講義を受講し、腫瘍学に関する最新の知識や技能を習得し、がん専門リハビリ療法士として、がん医療の中でリハビリテーションを実践する能力を包括的に養成する。

また、就学期間中に臨床データに基づく研究を行い、修士論文を作成し、要件を満たし審査を通過した者には修士(医科学)の学位を授与する。

希望により2年目以降には連携施設での実習、履修を考慮する。

 

【「がんのリハビリテーション学」教育プログラム】

科目名

単位数

授業形態

備考

選択必修科目

基礎分子細胞学

4

講義・
実習

 

人体機能構造学

4

講義・
実習

 

分子細胞生物学

4

講義・
実習

 

分子病態学

4

講義

 

医療倫理学

2

講義

 

医科学特別研究

8

講義・
実習

 

選択科目

がんのリハビリテーション医学

2

講義・
実習

 

がんのリハビリテーション学

2

講義・
実習

※博士課程集中講義の一部を含む
春学期:基礎腫瘍学・臨床腫瘍学
秋学期:臨床腫瘍学・緩和医療学

※学部講義の一部を含む
秋学期:医学統計・医療情報


 

 

入試詳細につきましては、信濃町キャンパス学生課webページ【2012年度(平成24年度) 医学研究科(修士課程)入試概要】にてご確認ください。

本件に関する問い合わせ先

がんプロフェッショナル養成プラン事務局
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35番地
慶應義塾大学信濃町キャンパス学生課

TEL 03-3353-1211(内線 64914)(土・日・祝祭日を除く9時から17時まで)
FAX 03-5363-3663
E-mail 

※内容により、回答できかねる場合や回答に時間がかかる場合もございます。また発信元や通信の事由ない電子メールに関しましても、お応えしかねる場合がございますのでご了承下さい。

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.