慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 募集コース一覧 > インテンシブコース - がんプロフェッショナル養成プラン(平成19年度~23年度) > がん薬物療法update

がん薬物療法update

※ このコースにつきましては、現在、出願資格を含めてコースのカリキュラムを検討中です。

    決まり次第、最新情報をこちらのweb上にて掲載いたします。

| コース詳細 | 募集要項 | 問い合わせ |

コース詳細

コース名

がん薬物療法update

研究科等名

医学研究科

専攻名

腫瘍医学専攻

養成(受入)人数

未定

期間(合計時間)

未定

研修の専門分野

医師を対象とした臓器別がん薬物療法

受入開始時期

未定

概要

悪性腫瘍の治癒率向上を目指した様々な臨床研究を行うためには、個々の医師がEBMに基づいたがん薬物療法を確実に実践できることが不可欠です。がん薬物療法updateは、がん薬物療法に関する最新のEBMを短期間で効率よく学ぶことが出来るよう構成されたコースです。造血器腫瘍、肺がん、消化器癌、乳癌などの主要ながん種の中から2-3の悪性腫瘍に毎回焦点をあて、その領域における国内および国外のエキスパートによる集中講義に加えて、症例検討によってコースは構成されております。受身の講義だけではなく議論に積極的に参加する形式をとることによって、最新の知識を学ぶだけではなく、それを実践できるようになることがこのコースの目標です。臓器別専門分野において現在がん薬物療法を行っている多忙な医師にとっては、癌治療に関するEBM、新規薬剤の具体的投与法、その副作用と対策などについての最新の知識とその実践を短期間で身につけることが出来る絶好の機会です。

担当教官

岡本 真一郎 准教授慶應義塾大学教授 (医学部内科学)
岡本真一郎

経歴:

昭和58年 3月

慶應義塾大学大学院医学研究科 (内科学) 卒業  (医学博士)

昭和58年 4月

慶應義塾大学助手(医学部内科学)

昭和60年 7月

米国 Emory大学(Division of Hematology / Oncology, Department of Medicine) Research Fellow

昭和61年 7月

同大学 Clinical & Research Fellow of Hematology / Oncology

昭和63年 4月

米国 Fred Hutchinson Cancer Research Center Clinical Fellow

平成 2年10月

東京大学医科学研究所病態薬理学研究部助手、同内科骨髄移植チーム Chief

平成 5年 4月

慶應義塾大学専任講師 (医学部内科学)

平成14年 4月

慶應義塾大学助教授 (医学部内科学)

平成17年10月

慶應義塾大学病院内科 (血液・感染・リウマチ) 診療科部長

平成19年 4月

慶應義塾大学准教授 (医学部内科学)

平成21年 5月

慶應義塾大学教授 (医学部内科学)

募集要項

募集人数

未定

対象者

医師の資格を持ち、一定期間の臨床研修期間を終えて、各分野における癌治療のエキスパートを目指す志のある方。
テーマとなるがん腫の治療について、ある程度の臨床経験があることが望ましい。

お申込み方法

本webでの応募フォームでのお申込み(準備中です)

選考結果通知

本webでのエントリーシート審査

注意事項

 

本件に関する問い合わせ先

がんプロフェッショナル養成プラン事務局
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35番地
慶應義塾大学信濃町研究支援センター
TEL 03-3353-1211(内線 64689)(土・日・祝祭日を除く9時から17時まで)
FAX 03-5363-3507
E-mail 

※内容により、回答できかねる場合や回答に時間がかかる場合もございます。また発信元や通信の事由ない電子メールに関しましても、お応えしかねる場合がございますのでご了承下さい。

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.