慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 募集コース一覧 > インテンシブコース - がんプロフェッショナル養成プラン(平成19年度~23年度) > 『基礎腫瘍学』インテンシブコース

『基礎腫瘍学』インテンシブコース

本コースを学びたいようでしたら、以下より申し込みができます。
あなたのプロフィール、志望動機等をフォームに入力してください。
記入後に登録完了ボタンを押されませんと、応募が完了しませんのでご注意下さい。
応募が完了しますと、確認の為、登録いただいたメールアドレスに登録完了メールを送信いたします。
メールが届かない場合は、手続きが完了していない可能性がありますので、当事務局までご連絡下さい。
この応募完了をもちまして、選考への応募とし、採用選考を実施させていただきます。



| コース詳細 | 募集要項 | 問い合わせ |

コース詳細

コース名

『基礎腫瘍学』インテンシブコース

会場

慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟 1F ラウンジ
>>アクセス案内 (東京都新宿区信濃町35)

養成人数

30名程度 ※
原則2日間の受講を前提とします。

概要・日程

 がんという難治疾患に対峙するためには、医師・看護師・薬剤師のみならず、多彩な職種の専門家たちが一つのチームを形成して臨まなくてはなりません。平成19年より 文部科学省の支援によってスタートした「がんプロフェッショナル養成プラン」により、がん専門医療人の育成とチームの構築が急速に整備されつつある一方、更にグレードアップした人材育成とチーム作りを行うためには、それらの多職種の人々が一定のレベルのがんに関する基礎的な知識を身につける必要性があります。
 大学院医学 研究科博士課程に属する大学院生(主に医師)はこのような基礎的な知識をコース講義で履修することは可能ですが、その他の職種の人々は基礎的知識を学ぶ機会が欠如 していることは否めません。そこで、こうした人々のニーズに応えるため、二日間にわたる基礎腫瘍学の集中講義を開講することに致しました。講義では腫瘍の生物学、病理学、免疫学に関する基本的な知識についてお話しし、病理実習や研究室見学も行うことによって立体的に基礎腫瘍学をご理解いただけるようにプログラムを準備いた しております。


【日 程】 平成23年 12月17日(土)-18日(日) 2日間

【場 所】 慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟 1F ラウンジ

【対 象】 医学研究科/健康マネジメント修士課程、がん医療に関与する専門職従事者。
※医学研究科博士課程(医師)の方もご応募いただけますが、
 定員に達した際は、上記応募資格者が優先されることもございますので、
 あらかじめご了承ください。

※ 原則2日間の受講を前提とします。

【受講料】 無料

【内 容】 
◆12月17日 (土) :
   9:00~10:30   腫瘍発生の分子機構と細胞内シグナル
  10:45~12:15   がん幹細胞とがん転移の生物学
    (休憩)
  13:15~14:45   がんの分子病理
  15:00~16:30   実際のがんを見る

◆12月18日 (日) :
   9:00~10:30   腫瘍免疫学とがん免疫療法の最近の進歩と展望
                 -基礎から最新データまで-
  10:45~12:15   がんトランスレーショナルリサーチ (45min.)
                 -免疫療法を例として-
               がん治療の分子メカニズム(45min.)
    (休憩)
  13:15~16:30   研究室見学

【応募方法】 
上部の「応募フォームへ」よりお申し込みください。

担当教官

慶應義塾大学医学部
先端医科学研究所(細胞情報研究部門))
 教授 河上 裕  y_kawakami.jpg

経歴:

1980年

  慶應義塾大学医学部卒業

1980-82年

  慶應義塾大学病院 内科研修医

1982-84年

  国立大蔵病院 内科

1984-85年

  慶應義塾大学医学部 内科(血液)助手

1985-87年

  Research Associate, Department of Medical Microbiology and Immunology, University of South Florida, Tampa, FL, USA

1987-89年

  Visiting Fellow, Surgery Branch, National Cancer Institute, NIH, Bethesda, MD, USA

1989年

  Visiting Researcher, Department of Biology, California Institute of Technology, Pasadena, CA, USA

1989-97年

  Visiting Scientist, Surgery Branch, NCI, NIH, Bethesda, MD, USA

1997年

  慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授

1998年

  慶應義塾大学医学部 RI実験センター長

2003年

  慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 副所長

2005年

  慶應義塾大学医学部 ベクタープロセシングセンター長

2005年

  慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 所長




慶應義塾大学医学部
病理学教室
 教授 坂元 亨宇 m_sakamoto.jpg

経歴:

1985年

  慶應義塾大学医学部卒業

1989年

  慶應義塾大学大学院博士課程(病理学専攻)修了

1989年

  国立がんセンター研究所病理部研究員

1995年

  国立がんセンター研究所病理部主任研究官

1996年

  国立がんセンター研究所病理部室長

1996年

  米国la Jolla Cancer Research Foundation留学

1999年

  国立がんセンター研究所病理部部長

2002年

  慶應義塾大学医学部病理学教室教授




慶應義塾大学医学部
先端医科学研究所(遺伝子制御研究部門)
 教授 佐谷 秀行 h_saya.jpg

経歴:


1981年

  神戸大学医学部卒業

1981年

  神戸大学医学部脳神経外科研修医

1983年

  神戸大学大学院医学研究科入学

1987年

  神戸大学大学院医学研究科修了

1987年

  カリフォルニア大学サンフランシスコ校脳腫瘍研究センター ポスドク

1988年

  テキサス大学 M.D.アンダーソン癌センター神経腫瘍部門Assistant Professor

1994年

  熊本大学医学部腫瘍医学講座 教授

2003年

  熊本大学大学院医学薬学研究部腫瘍医学分野 教授(組織変更による)

2007年

  慶應義塾大学医学部先端医科学研究所遺伝子制御研究部門 教授

募集要項

募集人数

30名程度募集します

応募資格

医学研究科/健康マネジメント修士課程、がん医療に関与する専門職従事者。
※医学研究科博士課程(医師)の方もご応募いただけますが、
 定員に達した際は、上記応募資格者が優先されることもございますので、
 あらかじめご了承ください。

応募期間

2011年12月7日(水)締切※延長しました。
但し、募集予定数を大きく上回った場合早めに締切ることもございますのでご了承ください。

選考方法

本webでのエントリーシート審査

選考結果通知

募集〆切後2011年12月上旬までに、事務局よりメールにて参加可否についてのご連絡を差し上げます。
(エントリー完了時の自動返信メールとは異なりますのでご注意ください。)


本件に関する問い合わせ先

がんプロフェッショナル養成プラン事務局
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35番地
慶應義塾大学信濃町研究支援センター
TEL 03-3353-1211(内線 64020)(土・日・祝祭日を除く9時から17時まで)
FAX 03-5363-3507
E-mail 

※内容により、回答できかねる場合や回答に時間がかかる場合もございます。また発信元や通信の事由ない電子メールに関しましても、お応えしかねる場合がございますのでご了承下さい。

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.