慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 募集コース一覧 > インテンシブコース > H29ライフステージ別がんリハビリテーション習得コース《メディカルスタッフ対象》(インテンシブコース)

H29ライフステージ別がんリハビリテーション習得コース《メディカルスタッフ対象》(インテンシブコース)

>医師対象コースはこちら

本コースを学びたいようでしたら、以下より申し込みができます。
あなたのプロフィール、志望動機等をフォームに入力してください。
記入後に登録完了ボタンを押されませんと、応募が完了しませんのでご注意下さい。
応募が完了しますと、確認の為、登録いただいたメールアドレスに登録完了メールを送信いたします。
メールが届かない場合は、手続きが完了していない可能性がありますので、当事務局までご連絡下さい。
この応募完了をもちまして、選考への応募とし、採用選考を実施させていただきます。



 

| コース詳細 | 募集要項 | 問い合わせ |

コース詳細

コース名

ライフステージ別がんリハビリテーション習得コース《メディカルスタッフ対象》(インテンシブコース)

研究科等名

医学研究科

専攻名

リハビリテーション医学

養成(受入)人数

数名

期間(合計時間)

2週間コース(週4-5日の研修)、3か月コース(週1回の研修)

研修の専門分野

リハビリテーション医学(がんのリハビリテーション)

受入開始時期

2018年1月
※2週間コース・3ヶ月コース共に、具体的な開催日程につきましては、二次審査(面接)後にお知らせ致します。

概要

治癒を目指した治療からQOLを重視したケアまで、切れ目のない支援をするといった点で、我が国のがん医療はいまだ不十分です。患者にとっては、がん自体に対する不安は当然大きいですが、がんの直接的影響や手術・化学療法・放射線治療などによる身体障害に対する不安も同じくらい大きいものです。がん治療の進歩とともに、障害の軽減、運動機能の低下や生活機能低下の改善、介護予防を目的としてリハビリテーション医療が、がん医療に果たす役割は益々大きくなることは疑いないでしょう。しかし、今日までがん医療の場面にリハビリテーション専門職がかかわることは希で、その臨床教育も十分になされていません。

そこで本コースでは、がんリハビリテーションに関して、ライフステージごとに異なる知識・スキルや病期(急性期、回復期、地域生活期)に応じた実践方法の習得し、各地域にいてがんリハビリテーションの指導的役割を担うリーダーを育成することを目標に、医師(がん医療に携わる医師、リハビリテーション医)およびメディカルスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、等)を対象に、リハビリテーション医学全般および"がんのリハビリテーション"に関する講義(総論、各臓器別の各論、がんのリハビリのトピックス、緩和ケアのリハビリ)の受講および慶應義塾大学病院および協力施設においてがんのリハビリの実地修練を短期集中的に行うとともに、現在もしくはこれから実施予定の臨床研究に関して、リサーチクエスチョン設定、研究デザインの構築、実際の研究の進め方、論文作成方法などの指導を直接行います。

2週間コースでは週4-5日間の集中研修、
3か月コースでは毎週1回のカンファレンスと協力施設等での1日の研修を予定しています。


過去の実績は http://www.cancer-reha.com/ をご参照ください。

コースの流れ

(1) 慶應義塾大学病院での研修
(2)
協力施設(がん専門医療機関)での研修
(3)
研究カンファレンス・臨床研究サポート(個別対応)
(4)
その他、がんのリハビリ研修セミナーや各種講演会への参加

担当教官

辻 哲也 専任講師
慶應義塾大学医学研究科内科系専攻リハビリテーション医学
准教授 辻 哲也

経歴:

平成 2年

慶應義塾大学医学部研修医(リハビリテーション科)

平成 4年

慶應義塾大学医学部助手(専修医)(リハビリテーション科)

平成 5年

国立病院機構東埼玉病院リハビリテーション科医員

平成 8年

埼玉県総合リハビリテーションセンター医員

平成12年

英国ロンドン大学 国立神経研究所神経生理学部門リサーチフェロー

平成14年

静岡県立静岡がんセンターリハビリテーション科 部長

平成23年

慶應義塾大学医学部腫瘍センターリハビリテーション部門 部門長

平成24年

慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室 准教授

募集要項

<

募集人数

数名

応募資格

がん医療におけるリハビリテーションの重要性を理解し、熱意をもって本コースに取り組むことのできるリハビリテーション関連職種(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、他)。

応募期間

2017年9月1日(日)~10月9日(月)

選考方法

一次審査 : 本webでのエントリーシート審査
      (※原著論文がある場合には別冊もしくはコピーをお送りください。)

二次審査 : 一次審査合格者に対し面接を実施します。(慶應義塾大学医学部にて)

選考スケジュール

10月9日(月): 応募〆切
  ↓
10月中旬: 一次審査結果通知(メールにてご連絡します。)
  ↓
11月中旬: 二次審査(面接)
  ↓
11月下旬: 最終結果通知(メールにてご連絡します。)
  ↓
1月~  : 受講開始


本件に関する問い合わせ先

多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン事務局
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35番地
慶應義塾大学信濃町キャンパス学生課
TEL 03-5363-3665(土・日・祝祭日を除く9時から17時まで)
E-mail:ganpro-jimushitsu*adst.keio.ac.jp  (アドレスは、「*」の部分を「@」に変えてから送信してください。)

※内容により、回答できかねる場合や回答に時間がかかる場合もございます。また発信元や通信の事由ない電子メールに関しましても、お応えしかねる場合がございますのでご了承下さい。

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.