慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 慶應義塾大学との連携体制 > 実績ある放射線治療教育体制

実績ある放射線治療教育体制

放射線腫瘍医養成のみならず、首都大学東京は公立総合大学の一学部として放射線技術と医学物理教育にあたっております。北里大学医療衛生学部では私立大学として早くから大学院を併設しています。

医学物理士となるには、これらの技術系学部を卒業後、2年間の臨床研修を受けなければならないのです。また医学物理士には優れた研究を遂行する能力を育成することが求められています。慶應義塾大学での医学物理コースでは、これらの大学間での講師陣の交流のもとに、充実した設備と豊富なスタッフの指導で博士課程での研究をすすめると同時に密度の高い臨床研修を修めることができる、優れた環境を用意しています。

北里大学、首都大学東京、慶應義塾大学はかねてより交流が密接であり、首都大学東京と関係の深い都立病院、特に駒込病院放射線治療部なども近代的放射線治療の草分け的施設であり、連携に深く参加しています。

実績ある大学との連携による地域放射線治療人材の育成

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.