慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 慶應義塾大学との連携体制 > 米国トップのM.D.アンダーソンがんセンター 研修プログラム

米国トップのM.D.アンダーソンがんセンター 研修プログラム

テキサス州ヒューストンに存在する全米第一のがんセンターであり、世界の規範となるチーム医療の推進と先進的トランスレーショナル研究を行っています。チーム医療の教育プログラムと、先端的基礎研究から臨床応用研究に持ち込むノウハウを長年にわたって蓄積しているセンターであり、癌研究の推進と治療システムの向上を図る上で最適のパートナーです。

慶応義塾大学医学部は聖路加国際病院とともにM.D.アンダーソンがんセンターとの提携を進めており、学生、大学院生、医師、看護師、薬剤師、技師など様々な職種における人的交流プログラムを現在計画中です。

米国トップのMDアンダーソン癌センターとの連携図

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.