慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 慶應義塾大学との連携体制 > 高度がん医療開発を先導する専門家の養成体制

高度がん医療開発を先導する専門家の養成体制

組織体制

本プロジェクトでは、慶應義塾大学・北里大学・聖マリアンナ医科大学・東海大学・山梨大学・首都大学東京・聖路加看護大学・信州大学・東京歯科大学・国際医療福祉大学の10大学15研究科が連携しております。

本組織は各大学に研究科長等から指名されたコーディネーターを配置し、各課程の運営管理を行うと同時に、関係する医療機関・部門等とのパイプ役を担います。各コーディネーターで構成する「運営会議」を設置して共同体の運営について協議し、集中管理します。その下に教育委員会、研究委員会、評価委員会を設けます。さらに連携する医療機関や患者団体、行政機関、医師会等の委員による外部評価委員会も設置して、改善充実を図ります。

なお各大学の役割分担は以下の通りです。

慶應義塾大学

医師、看護師、薬剤師、
医学物理士、理学・作業療法士の養成

北里大学

医師、看護師、薬剤師、
医学物理士、放射線技師の養成

聖マリアンナ医科大学
東海大学
山梨大学
信州大学

医師の養成

聖路加国際大学

看護師の養成

首都大学東京

医学物理士の養成

東京歯科大学

歯科医師、看護師、
歯科衛生士、歯科技工士の養成

国際医療福祉大学

薬剤師、看護師、放射線技師の養成

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.