慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 慶應義塾大学との連携体制 > 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン連携体制

多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン連携体制

組織体制

本プロジェクトでは、東京医科歯科大学を基幹校として、秋田大学、慶應義塾大学、国際医療福祉大学、聖マリアンナ医科大学、東京医科大学、東京薬科大学及び弘前大学の8大学が連携しております。

本組織は各大学のコーディネーターからなる運営協議会において合意形成を図り、年度ごとの評価や目標設定の共有を行います。コーディネーターは担当者会議を組織して各コースの運営にあたります。また、本事業の評価は、各大学の自己評価、構成大学間の相互評価および外部評価の3層構造で行われ、事業の改善充実を図ります。

本組織の連携体制は以下の通りです。 これらの連携に加えて、各大学の有するネットワークを組織内でさらに発展させていきます。


連携体制

①他分野連携:医学、歯学、薬学、看護学、臨床心理学など

②テーマごとの連携:テーマごとに拠点を設置

③地域間連携:首都圏、北東北

④講義における連携:相互・遠隔講義、e-learning、DVDなど

⑤所属自治体、地域医療機関との連携

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.