慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 慶應義塾大学の特色 > がん治療の7つの柱 > From Bench to Bedside > 先端医科学研究所

先端医科学研究所

先端医科学研究所

先端医科学研究所は、医学・医療分野における先端的な研究を行い、医学および医療の発展に寄与することを目的として設立されました。

現在、細胞情報研究部門では、がん免疫学を中心に、がん・自己免疫疾患・感染症などの免疫が深くかかわる病気の原因解明と免疫制御(免疫療法、遺伝子治療、分子標的治療など)の研究を行っております。

遺伝子制御研究部門では、がんの発生機構や悪性化機序の解明とその成果を活かした新しい治療法の研究が行われています。

基礎研究だけでなく、基礎研究の成果を臨床応用するために、一部はトランスレーショナルリサーチとして、大学病院で臨床試験が行われています。

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.