慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 慶應義塾大学の特色 > がん治療の7つの柱 > がんリハビリ

がんリハビリ

現状の問題点

わが国ではこれまでがんそのものあるいは治療過程による身体障害に、積極的な対応がされることはありませんでした。治癒を目指した治療からQOLを重視したケアまで、切れ目のない支援をするといった点で、今の我が国のがん診療はいまだ不十分なのです。
"がんと共存する時代"を迎えた現在、がんの治療中・後の身体能力、日常生活動作(Activities of daily living:ADL)、QOLなどの面にも関心が徐々に向けられ始め、がん患者におけるリハビリテーションの必要性が注目されつつあります。

これまでの現状

"がんのリハビリテーション"には、がん医療全般の知識が必要とされると同時に、運動麻痺、摂食・嚥下障害、浮腫、呼吸障害、骨折、切断、精神心理などの障害に対する高い専門性が要求されます。しかし、今日まで"がんのリハビリテーション"に関する専門家養成のための研修プログラムは存在しなかったのが現状です。

↓

本邦で唯一の"がんのリハビリテーション"の
プロフェッショナル養成コース

本大学がんプロフェッショナル養成プランでは、多職種チームによるがん医療の中で必要な知識や技能を習得し、実際のがん医療の現場で、"がんのリハビリテーション"が各々の立場で実践でき、かつ現場スタッフの指導的な役割を担える人材となることを目的とした"がんのリハビリテーション"の研修コースを開講予定です。

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.