慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 慶應義塾大学の特色 > がん治療の7つの柱 > がん化学治療

がん化学治療

現状の問題点

  • 抗がん剤治療を専門とする腫瘍内科医の不足
  • 抗がん剤治療の均てん化の不足
  • 海外既承認抗がん剤の導入の遅れ
  • 抗がん剤治療に関する情報不足
↓

世界標準のがん化学療法均てん化を目指す

  • 専門診療科にこだわらない各科横断的ながん知識の共有
  • 「がん治療専門医」資格の取得のための学習と症例経験
  • 世界標準の抗がん剤治療に関する知識と技術の習得
  • 治験・臨床試験の理論と実践
  • 「がん薬物療法専門医」取得のための学習と症例経験
  • 各専門診療科における最先端医療の習得
  • Translational researchの実際

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.