慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > 慶應義塾大学の特色 > メディカルスタッフの特色 > 看護師

看護師

現状の問題点

  • がんの予防、早期発見・治療の重要性が強調されながらも、がん発症要因に関する知識不足や、がんに対する恐心などから、十分な効果が得られていません。
  • 集学的治療を必要とするがん患者の苦痛や、生活への影響を十分に配慮した支援体制が整えられていません。
↓

がんの予防・早期発見への取り組み~がんとの共生を支える包括的看護実践

がん看護領域における上級実践、教育、相談、調整、倫理調整、研究に関する役割を担う人材の育成

  1. がんの発症に関与する遺伝的素因と環境要因に関する情報提供、予防・早期発見・治療のための医療の活用と選択に対する支援
  2. がんが患者および家族にもたらす、あらゆる苦痛・苦悩状況を緩和するための支援
  3. がんと共に生きる人のセルフマネジメントの支援

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.