慶應義塾

がん治療を担う専門家の養成を行い、地域医療レベルの発展に寄与し、医療連携構築を行います。

慶應義塾大学 大学院 医学研究科 多様な新ニーズに対応する「がん専門人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

トップページ > がんプロフェッショナルとは > 養成計画

養成計画

1. がん医療の基礎と実地経験によるがん専門医の養成

大学院コースでは、初年度にがんの基盤的講義およびがん治療に関する包括的講義を受講し、がんに関する幅広い知識をつけます。2~3年次には複数のがん関連診療科や、がんプロ連携施設をローテートし、多様ながんに対する化学療法、分子標的療法、免疫療法、ゲノム医療、低侵襲外科、緩和医療・がんリハビリなどを実地で経験します。博士課程4年次には、がん患者の治療計画をリーダーとして立案遂行する訓練を受け、専門的知識と技術を磨くと共に、種々学会等のがん治療関連の専門医の受験資格を得ることを目標とします。

2. 高度がん医療人材の養成

博士課程の「がん先端医療研究コース」、インテンシブコースの「がんゲノム医療実装化コース」では、がんゲノム解析を医療に実装できる人材の養成を目指します。また、インテンシブコースの「骨軟部腫瘍コース」、「小児がんコース」では、希少がん及び小児がんについて、様々な治療法を組み合わせた集学的医療を提供できる医療チームのリーダーとなる人材を養成します。

3. ライフステージに応じたがん対策を推進する人材の養成

修士課程の「ライフステージ別がん専門リハビリ療法士養成コース」、インテンシブコースの「ライフステージ別がんリハビリテーション習得コース」、「高齢がん患者に対する緩和医療実践コース」では、ライフステージによって異なる全人的苦痛を和らげるため、医師、看護師、薬剤師、社会福祉士(ソーシャルワーカー)等のチームによる患者中心の医療を推進する人材を養成します。

慶應義塾における個人情報の取り扱いについて

Copyright © Keio University. All rights reserved.